ウェールズ第一人者の最大のキーマンはラムジーだったのか

今ビッグイベント初列席ながら並み居る強豪をずっと撃破し、準決勝ではポルトガルに敗れはしたもののその堂々たる異議サイドは世の中から賛同を浴びてもおかしくないウェールズ代表、その主スポーツマンといえばとにかく近年レアル・マドリッドで活躍するベイルがあがりますが、こういう分隊を助ける上で最も重要なスポーツマンだったのは、中盤の下として分隊を支えたアーロン・ラムジーだったのでは、とも思います。
ベイルの姓名ばかりが先にでてきちんと目立たない趣きも起こるラムジーですが、関与すら割増しリーグのアーセナルでは主役として君臨、こういう分隊でも主役として分隊を支えています。
集まりリーグでは3レクレーション維持到来、その後も活躍で分隊を賑わせるベイルと共に、ラムジーもうまいやり方で分隊を盛り立てここまで4補佐を記録していました。
しかし準々決勝のベルギー戦でイエローカードをもらい累積警報で列席放免となってしまいました。
ポルトガル戦に敗れたとは言え、ウェールズは大奮闘しましたがさすが中盤のキーマンですラムジーの絶無が凄まじく響いたと言っても過言ではありませんミュゼ 400