駅にこまめに捨てていた缶ビンペットボトルのゴミ

今日は風が強いです。庭にカンやビンのゴミを袋に入れて置いているのですが、重さが足りないのか飛んでいってしまって困っています。
今までは通勤のついでに駅のゴミ箱にそういったゴミを捨てていたのですが、息子が生まれたので駅に行くことがなくなってしまいました。そもそも、粉ミルクの缶は大きすぎて駅のゴミ箱には入らないと思われます。
庭に屋外用のゴミ箱を買わないと、風の強い日は毎日こんなことになってしまいそうです。もしくは、何らかの重しを袋にくくりつけておくという方法もありますが、ゴミを出す時にはずすのが面倒そうですね。
ゴミの保管方法もですが、駅に捨てることができなくなってもう一つ困っているのが、ゴミを捨てる場所が中途半端に遠いところです。
可燃ゴミは家の目の前に回収箱があるのですが、缶などのゴミは地域の公民館まで行かないといけません。自分1人ならさっと行ってこれる距離ですが、赤ちゃん連れなので大変です。ゴミを捨てるのにいい具合の時間に起きてくれるとも限りませんし、月一回のこのゴミの日は少し憂鬱です。ミュゼ 料金