FXというのをやっていたことがあるわけですが

FXをそれなりにやっていたことがあるのですが、主な取引手法としては大きな支障が発表される前にその指標を予測した上でその方向性で取引をする、ということでした。これだけでもそれなりに上手くいくことが多かったです。例えばアメリカの雇用統計などがありますが、これは日本にも物凄く影響があることでもありますから、重要なデータでした。これによって、予想をして備えておく、ということをやっていました。それを予想した上でポジションを決める、という風にしていたわけです。やり方としては実に簡単なことではあるのですが、だからこそ、それなりに上手くいく、ということが多かったです。常に取引をするのではなく、あくまで大きく動く事が予想されて、そして、その予想がそこそこ楽にできるパターンだけで取引をする、ということにしていました。これだけでもそれなりに面白い取引とすることができました。しかし、やはりリスクがあることでもありますから慎重にやりたいところです。tbc 顔脱毛